どのように運用すべき?蓄電池の疑問に感じやすい事柄を分かりやすく解説

このサイトでは、一般住宅に備えられている蓄電池の賢い運用方法をわかりやすく解説をしていきます。
今では省エネ住宅というスタイルで新築物件を購入される方が増加しています。
太陽光パネルとセットで導入をするのが基本ですが、活用方法がイマイチわからないという方も少なくありません。
この設備はある特性を備えているのがポイントで、そこに着目をすれば非常に頼もしい存在となること間違いなしです。
簡単に特性も紹介をしましょう。

どのように運用すべき?蓄電池の疑問に感じやすい事柄を分かりやすく解説

蓄電池を賢く運用するのは、電気を蓄えられるという特性に着目をすることです。
毎日太陽光パネルで発電をしているエネルギーを一定量分を蓄電池に預けることができ、夜間や雨の日に出力をしています。
出力数は個人で自由に設定をすることができ。
余剰分を残すことも可能です。
たとえば常に80パーセントの容量で蓄電池に余剰電力を備えていれば、停電のときに自宅内の電気をまかなうことができます。
地震や台風に備えて運用することをおすすめします。

さまざまなシーンで使用できる蓄電池とは?

蓄電池とは、電気を貯めておき必要な時に使うことができる道具のことです。
繰り返し使えることから、これから家庭用に蓄電池を設置する人はどのようなシーンで使えるのか特徴を知っておきましょう。
蓄電池とは、家においておけることから一番役立つのは停電時の備えになることです。
停電が起きると、電気会社から電気を供給することができなくなるので冷蔵庫やテレビなど使うことができなくなります。
ですが、太陽光発電で作った電気を蓄電池に貯めておけば電気機器をしばらく使うことが可能です。
ほかにも恩恵はある、深夜電力を活用することで普段の電気代を安くすることができます。
蓄電池を備えることで、電力会社との契約を深夜を安くし日中は高いプランに変更します。
そうすることで、深夜に電力を貯めておき翌朝貯めておいた電気を使えば差額分で料金を抑えることになります。
電気自動車を持っているなら、連携することで走るために必要なエネルギーも太陽光発電で補うことも可能です。

蓄電池の充電スピードが重要な理由

現代人にとって日常生活で電池を使うことは少なくなったかもしれませんが、防災用というか地震などの自然災害が起こった場合など、まだまだ蓄電池の出番は多くあるように思われます。
蓄電池の機能として、特に重要なものは充電スピードです。
充電スピードが多いと、効率よく電気を使うことが出来るので、節電にもなり、環境のことを考えてもプラスになります。
蓄電池は、乾電池などの小さな電池と比較すると、あまり出番がないように感じられますが、実際には地震が起きた際に使うなどの様々な用途が挙げられます。
今現在では、南海トラフ巨大地震の発生が懸念されており、世間では軽く話題になっています。
南海トラフ巨大地震が万が一起きたときに備えるためにも、蓄電池を常備するように心がけた方がいいと思います。
また近年では短い時間で充電することのできる充電池が開発されつつあります。
このように電池の用途は様々です。
ぜひ効率よく充電することの出来る電池を常備することを強く勧めます

リーズナブルな夜間電力を蓄電池で利用

電気は毎日の生活に欠かすことができない存在ですが、日々の電気代が気になって居るという人も多いのではないでしょうか。
特に冷暖房を使う季節は多くの電力を使うことになります。
とはいえ、節電をすれば暑さや寒さでつらくなってしまいます。
大幅な節電をせずに電気代を安くするなら蓄電池や夜間電力の活用も考えてみましょう。
夜間電力は昼間の電力よりも3割程度安いこともあり、この時間帯に電気を使えば光熱費を安く抑えることができます。
深夜の安い電力を蓄電池で貯めておいて、それを昼間に使えば電気代は安く抑えられるようになります。
蓄電池にも寿命はありますが、それでも十分な節約効果はあるといえます。
最近は、太陽光発電を導入する家庭も増えていますが、太陽光発電を蓄電池を併用することもさらに節電効果を期待することができます。
日々の電気代を抑えられるだけではなく、緊急の電源としても使えるので震災や台風などの災害時に発生する可能性がある長期の停電にも対応できます。

ソーラーパネルと蓄電池の相性も重要

ソーラーパネルは蓄電池と併せて利用されることが多いですが、この二つは相性も重要です。
これは規格とか仕様には表立って現れることのないちょっとした感覚的なものも当然含むのですが、それはなかなか明確に説明できるものではありませんから、メーカーとか既に導入した知人などに聞くとか任せるしか方法がありません。
ですが、そのような感覚的な意味ではなくもっと実際的な観点から、蓄電池との相性はしっかりと考えておく必要があります。
それは結局のところソーラーによる発電量と電池に蓄えることのできる容量とのバランスと言ってよいでしょう。
少し考えれば分かりますが、発電量が大したことがないのに大容量の電池を備えても、満充電になることはあまりないと思われますから無駄が大きいです。
逆に、十分な発電量がある大型で効率のよいパネルを導入したにも関わらず、電池の容量が限定的では余った電気を蓄えておこうと思っても不可能になっててしまいます。

防災グッズとしても効果的な蓄電池

最近は、太陽光発電を導入する家庭も増えています。
日々の電気代を節約できるのはメリットですが、発電した電気も貯めておくことはできません。
昼間は発電した電気を使えても、夜は使えなくなってしまいます。
そこで、太陽光発電と蓄電池を併用する家庭も増えています。
蓄電池があれば発電した電気を貯めておくことができるので、夜もその電気を使用できるようになります。
そうなると電気代はより多く節約できることになります。
電気代を安くする目的ではなく、防災グッズとしても注目されています。
災害時には長時間の停電が発生することも珍しくありません。
電気が復旧するまではかなり不便な生活を強いられることになります。
そんな場合も、蓄電池があれば停電時にも電気を使えるようになります。
太陽光発電も、緊急時の電源になりますので、電気が使えない不便さはかなり解消できるといえます。
もしもの災害時に備えるという意味でも、導入を考えていきたいものです

なぜ蓄電池の過放電は良くないのか?

蓄電池を含む充電方式の電池は、過放電に弱い構造になっています。
そのため蓄電池内の電力の残量が少なくなれば、それ以上放電をすることを防ぐために残量0%というメッセージとともに機器をストップさせる機能が備わっています。
この理由は、その状況のまま電池を使用しつづけると劣化が著しくなり機能を損ねてしまうからです。
放電が終わった状態のまま使ってしまうと、最低限必要とされる電力を下回った「深放電状態」になってしまいます。
過剰な放電により、ほぼ破損状態と言っても良い状況となって再度充電することは困難です。
通常の電子機器に内蔵されたリチウムイオン電池は使用不能となりますが、蓄電池は最悪の場合機器の故障や発火の危険性も孕んでいます。
電圧が最低限の状態になった時点で、動作を停止する保護装置が組み込まれているため通常の使い方をしていればそういった事態はなかなか起きません。
陥りやすい状況としては、充電がなくなったまま長期間放置していたがための自然放電などが挙げられます。
再充電が不可能になるだけでなく、異常発熱・発火につながりかねないため使用しない場合の保管には十分に注意しましょう。

蓄電池は電気自動車の重要な構成要素

電気自動車は、電気で動くモーターと電気を蓄えるバッテリーと動きを制御するコントローラーの主な3つで構成されており、ガソリン車と違い二酸化炭素の排出がないため、環境に優しい乗り物としてここ最近大変注目を集めています。
種類はさまざまで、選び方や使いかたによってランニングコストが抑えられるますが、なんといっても凄いのは、自宅の太陽光発電パネルとの併用によって車が蓄電池として活用できることで、現在太陽光発電を所有している人たちからも大絶賛なのです。
EVパワーステーションという充電設備を太陽光発電システムと接続することで、車に貯められた電気は、燃料のみならず家庭内で使うことができます。
昼間の太陽が出ているときに自動車にためておいた電気を夜間に使うこともできますし、万が一災害が起こり停電が発生したとしても、非常用電源として役に立ちます。
一般家庭用蓄電池の容量が4~12kWhであるのに対し、電気自動車は10~40kWhと大容量で、何日も停電している災害時などは一般家庭用の蓄電よりも安心できます。
太陽光発電パネルが設置されていて、自動車を所有したいというご家庭にとっては大変魅力的な存在であり、「畜電力は車から家へ」という有効的な考えは、今後ますます増えていくことは間違いないでしょう。

蓄電池の長期使用に適した気温や湿度

蓄電池の長期使用を考えると重要になってくるのはやはり、気温や湿度といった環境条件ではないでしょうか。
蓄電池は基本的に人が快適と感じる環境に設置するのが最適で、高温多湿は劣化や寿命に影響することから好ましくないといえます。
特に温度は高くなればなるほど劣化を早めてしまいますから、気温は30℃以下が望ましいです。
具体的な数字は蓄電池のメーカーによって異なりますし、仕様やマニュアルに目を通して、その数字を守ることが大切です。
逆に低過ぎても性能が発揮されなかったり、信頼性に影響することになるので、低温環境にも注意が必要です。
湿気は主に金属の腐食が問題になる要因で、接点不良による不具合や故障の懸念材料でもあります。
金属は湿度65%を超えると急激に腐食すると言われているので、最低でも65%以内に収まるように管理することが重要となります。
潮風が当たる場所では、湿度が低くても吸湿する性質の塩分が付着するので、実際の数字よりも局所的に実質的な湿度が上がることに注意が必要だといえるのではないでしょうか。

蓄電池で同時に使える機器の総数を確認

災害や停電などが起きた時のために用意しておくととても安心な蓄電池。
これには同時に出力できる機器の数が決まっていますので具体的に解説します。
蓄電池では、機器の接続できる数に制限があります。
コンセントがついている蓄電池だとわかりやすいですね。
また、コンセント式でなく工事で取り付けられた蓄電池の場合は、接続できる数より接続した時の最大出力の大きさを意識するといいと思います。
この最大出力というのは、一度にたくさん使用をしようと思ったときにどこまで一度に使えるかを表した数値です。
蓄電できる容量とは違うため注意してください。
最大出力がどの程度の電池を購入すべきか迷ったときには、まずは非常用にどの家具を使うかを検討し、その家具の出力が幾らかを計算しておおよそ求めることができます。
なお、大きな住宅などの場合に、一般家庭と違って200V式の家電があった場合には対応したものを購入する必要があるので購入する際はそこも確認しましょう。

蓄電池に関する情報サイト
蓄電池の賢い運用方法

このサイトでは、一般住宅に備えられている蓄電池の賢い運用方法をわかりやすく解説をしていきます。今では省エネ住宅というスタイルで新築物件を購入される方が増加しています。太陽光パネルとセットで導入をするのが基本ですが、活用方法がイマイチわからないという方も少なくありません。この設備はある特性を備えているのがポイントで、そこに着目をすれば非常に頼もしい存在となること間違いなしです。簡単に特性も紹介をしましょう。

Search